使える情報が満載!合宿免許に特化しているサイト『合宿免許紹介経験者がつくるポータルサイト口コミ比較』

TOP > コラム > 合宿免許と通学免許の違いを把握しておきましょう

合宿免許と通学免許の違いを把握しておきましょう

 合宿免許は短期間に集中して、自動車免許を取得するための教習を修了させることを目的として運営されているコースのことです。
 特定の施設に2週間程度の期間、滞在して決められたカリキュラムで一気に免許取得まで行います。
 通学で免許を取得する場合に比べて、実技講習の予約が取れないということもありません。 事前に計画された期間に集中して、教習を受ける時間が取れる方に向いています。
 ただし、滞在している間は、バイトに行ったり、自宅でゆったりと過ごすことはできませんので、行動が制限される点はデメリットの一つです。
 トータルの費用は、通学に比べると安めの設定となっているところが多く、これに滞在費用や食費が含まれていることを考えると、相当にお得であるとも考えられます。


 自動車運転免許を取得するために、一般的には自動車学校へ通学するという通学免許スタイルとなります。
 短期集中型で教習を終わらせる合宿免許に比べると、修了するまでには時間がかかるといった違いがあります。
 仕事や通学のためにまとまった時間がとれない方、スケジュールをやりくりしながらも、教習を受けていくような学習のやり方をするコツコツ型の教習です。
 学科は比較的まとめて受講することができますが、実技教習は回数や時間の制限があり、すべての計画を終えるまでには時間がかかるのが通常です。
 繁忙期に重なると予約が取りにくくなったり、都合でキャンセルした場合には予定通りに教習を消化できないなどの不都合が生じます。
 この点は、自由度がある一方で、通学型のデメリットでもあります。
 生徒側の自由度を確保するために、教習所側は教習の枠や人員に余裕を持たせておく必要があり、このことから費用が割高になってきます。


 仕事や学校で休みが取れない方は、通学しながらの教習となります。自由にスケジューリングができるメリットの一方で、全ての教習を修了するまでに時間がかかるといったデメリットがあります。
 合宿免許は短期集中型とはいえ、2週間程度の期間が缶詰状態となりますので、バイト等、他の事はできなくなります。
 自分の状況に合わせて教習タイプを選択する必要があります。昨今では、通学タイプの教習において、短期集中型のコースが設けられるようになってきています。
 教習の予約を優先的に取ることができるため、予定通りに修了することができます。
 料金は高めになりますが、受講中は自宅から通えますし、バイトもできるなどメリットがあります。選択肢の一つとして検討してください。

▲ ページトップへ